慶弔切手の歴史に触れて収集を楽しみましょう

サイトマップ

トップバナー

慶弔切手

慶弔切手

頻繁なデザイン変更が行われている

慶弔切手について、ご説明いたします。慶弔切手は、基本的には“平成切手”と含まれていると思っている人が 多くいます。ですが、慶弔切手は、昭和57年頃に第1次が作成され、平成元年に第2次、平成6年に第3次、 平成7年に第4次といった頻繁なデザイン変更によって、図柄が変わっていっています。通常の切手よりも、 とても優れた変化を遂げ続けている切手といえます。ということは、これから先どのような変化を遂げるのかを ワクワクしながら待てる切手でもあるということです。

1シートの切手

現在では切手が2枚組で1シート

そして、現在使用されている、弔切手は第4次慶弔切手となっていて、慶事用切手は、平成11年に作成された 第5次慶弔切手となっていることを覚えておきましょう。ここで、シールとコイルについてご説明いたします。 切手は、通常何枚かが連なった形で印刷されていると思います。そのデザインの物は、“シート”と呼ばれます。 一番身近な例をご説明いたしますが、年賀葉書の当選商品に使用されている“小型シート”ではないでしょうか。

このシートには、小型とついているだけあって、現在では切手が2枚組で1シートと呼ばれているのです。 実際に、以前は3枚で1シート、4枚で1シートといったセット販売の物もありました。そして、ここでご紹介した 年賀切手以外に使用されているのは、切手1枚でシートという事もあります。また、通常切手には、少し大きな サイズの松鷹図やハート、寿、鶴、コウホネがありますが、これを除くと、縦2.6㎝、横2.2㎝という寸法で 全ての切手が統一されています。

シートとコイル

ポイント

そして、このサイズは切手としてとてもコンパクトなサイズで、シートを見てみると、縦10枚、横10枚という 100枚のセットで1シートになっています。ですが、記念切手は、縦横が5枚と4枚、4枚と5枚の20枚セットが 1シートとして販売されています。いつでも購入できる訳ではないですが、運良く記念切手の発行日が過ぎた あたりに購入すると、記念切手を買う事が出来るかもしれません。そして、購入する際には、窓口で切り離しを お願いする事も可能です。

切手つなぎ目

そして、切手のシートは、切手を切り離す手間が省けるように、切手と切手の間に小さな目打が売ってあります。 なので、基本的にシートから切り離した物は、周りの囲いがギザギザの状態になっているのです。ですが、 全てのめんがギザギザではない物もあります。基本的に、切手の自動販売機で売られている物は1.000枚の切手が 縦のロール状態にまかれているので、ロール状の切手を製造する際に、切手の左右には目打を入れる必要がないので、 左右には目打がつかずギザギザしないという事になっています。これは、通称“コイル切手”と呼ばれています。

自作味噌の手作り方法