切手について著作権などの注意点を理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

著作権

ハガキ

郵政機関が著作権を前に出さない

郵便切手の著作権に対する疑問についてご説明致します。まず、切手の図柄に対する著作権は、通常であれば切手を 考案した国の郵政機関に許可を取らなければなりません。これは、日本であれば郵政公社ですが、海外であれば 郵政省、郵便電気通信省といったものがあります。更に、公的な著作権となっているので、切手をコピー機で複製を 作る事においては、報道や研究以外でも、とても多くの範囲によって郵政機関が著作権を前に出さないというのが 一般的になっています。

切手の著作権

郵便切手類模造等取扱法

こういった著作権に関する事があるので、現実的には誰の許可も得ずに自由に切手を作成する事が可能となっています。 ですが、キャラクターや、絵画、写真といった切手になる前から著作権が存在しているものを、切手に記載する際には 様々な意見があります。その意見は、「切手という形状で再現するのだから、キャラクターの著作権は関係ない」 という声と、「切手であっても再現するのだから、キャラクターの著作権は主張される」という正反対の声が あるのです。ですが、例えばネット上で記載する文面などで、“これは俺の楽しみだから勝手に使っていい”といった 意見は通用しませんよね。なので、切手であっても著作権を主張したほうがいいと私は思います。

そして、切手の模造についてですが、切手を模造紙再現する際には、“郵便切手類模造等取扱法”により、総理大臣の 許可を得なければならないのえす。ですが、全ての切手が許可を求めるとなると行政も効率が悪いと感じたのでしょう。 現在では、総理大臣が発表し、指定しているもの以外であれば再現や模造する事が可能となっている事を覚えて おきましょう。ですが、この条件には、“紙以外”のものへの再現は許可を取らなくてもよいといった事もあります。

インターネット上の模造

ポイント

それは、HP上で表現するのであれば、その図柄を切手として印刷しないのであれば、許可を得なくても使用できると いったものです。ですが、この法律は1970年代に設立されたものなので、ネットが普及するなど想定外でしょう。 そして、自分は違法を犯しておらずとも、自分のサイト上に載せた再現された切手が他の人に印刷されるといった事も あります。ですが、ここ数十年でこの法律によって裁きを受けた人はいないという事です。

スタンプ済みの切手

ここで勘違いしてほしくないのは、郵便物に自分で作成した切手を貼ってしまうと“郵便物法違反”とみなされ、 刑事責任となってしまう事を忘れないでください。 なので、例え自分のサイトであっても、他の人にプリントされ使用されてしまったら手助けをしたとみなされ、 逮捕されてしまう可能性があるので、出来ればサイト上であっても、切手の模造と再現は行わないほうが よいでしょう。「知らなかった」ではすまないことになってしまいかねないのです。紙幣を偽造するのとは違いますが、犯罪行為であることには 間違いありません。

自作味噌の手作り方法