切手収集の極意を知ればもっと切手が好きになる

サイトマップ

トップバナー

切手収集

珍しい形の切手

切手を集めている人にとって1つの趣味

ここでは、切手収集についてご説明いたします。切手収集とは、切手を集めている人にとって1つの趣味であり、 生き方となっています。意味は狭義と広議に分かれている事を覚えておきましょう。まず、“狭義”という単語 の意味を知っている人は少ないと思います。むしろ、聞いた事がない人も多いのではないでしょうか。一般的には、 “切手収集”という言葉のみが世の中に広まっていますよね。では、意味を見てみましょう。狭義とは、未使用の 切手や、使用済みの切手を集めるという意味があります。

切手コレクション

“趣味の王様”という意味

切手が作成されるのは、国や地域によって認められ公式となった物しか作成されないですよね。そのような 発酵経路があるので、作られるたびに記録が残り、その情報を元に作成されたカタログなどを頼りに、 切手コレクターはより多い種類の切手を収集する事が出来ているのです。そして、イギリスの王室の 切手コレクションや、著名人が収集した切手のコレクションも注意目を浴びていて、そのコレクションの名前は、 “King of Hobby”と呼ばれているそうです。日本語にすると、“趣味の王様”という意味があるそうです。

そして、広義という言葉についてです。これも、狭義と同様に認知が低いような気がします。広義とは、郵便に 関係している、かなり広い範囲で物事を考え、集めるという意味があるのです。広義は、別の呼ばれ方として 郵趣と言われる事もあるので、覚えておくと役立つえしょう。何事にもある歴史は、切手収集にもあります。歴史が 残っているほどに、とても素晴らしく、とても人気なものだという事を理解していただけると思います。 どうしても切手収集というとマニアックなイメージがありますが、実はそういったこともなく、 多くの方が切手を収集しているのです。

切手収集の歴史

ポイント

まず始めに、切手収集が始まったのは、切手が誕生した瞬間から始まったと言われています。まず、世界で最初に 切手が作られたのは、イギリス国のペニー・ブラックと2ペンス・ブルーが発行したといわれている事を覚えて おきましょう。そして、日本では、1950年代ごろから1960年代にかけて、グリコの商品のおまけとして切手が 入っていた事によって、切手収集のブームに火が付いたという背景もあります。

歩く人々

その時代で、新しいデザインの切手を作成した日には、各地の郵便局に新しい切手を購入しようと並ぶ、 切手コレクターたちがぞろぞろと長蛇の列を作ったとも言われています。そして、日本の切手の中では、1948年。 昭和23年ごろですね。その頃に発行された“5円切手「見返り美人」”や、1949年の昭和24年に、 作られた゛8円切手「月に雁」”といったデザインの切手がとても人気を高めていたと言われています。実際に、 このころでも人気なだけあって、現在でもとても価値があり、高値になる可能性がとても高い切手です。

自作味噌の手作り方法