便利な使用法を知れば切手の取扱いも楽になります

サイトマップ

トップバナー

剥がし方

切手をはがす準備

切手を傷つけないように少し大き目に切り取る

切手の上手な剥がし方についてご説明したします。少し手順は多くなりますが、とても綺麗に切手を剥がす事の 出来る方法となっています。ぜひご参考にしてください。まず、始めに行うのは、ハガキや封筒に張り付けられて いる切手を切り取る作業です。切手を傷つけないように、少し大き目に切り取りましょう。切手が多く 張り付けられているのであれば、全てを囲う形で切り取った方がよいでしょう。

アサガオ切手

糊を綺麗にする方法

切り取り終わったら適当な容器に入れ、その中に水を投入しましょう。そして、少しの時間放置します。 するとみるみる内に、切手がはがれてきます。切手がはがれているのを確認出来れば、台紙を取り除いてください。 大体の目安は、容器に入れた水が切っての糊によって白濁した頃合いが一番いいと思います。 そして、白濁しすぎていたら水を取り替えてあげてください。ここで、注意すべき点は、コレクションする際には、 切手の糊を綺麗にしなければならないという事です。

切手の裏に付着している糊を綺麗にする方法は、行いやすい方法でよいのですが、容器の中に水が入っていますよね。 その水で裏を水の中につけてある状態で、そのまま擦り落とす方法と、流水を軽くかけながら切手の裏を軽く こすって糊を落とす方法があります。目安は、切手の裏がヌルヌルしなくなったら糊が、完璧に取れて綺麗に なったということです。糊を落とす際の注意点は、昔の切手は、切手自体の劣化があると思うので、 扱う際には気を付けなければなりません。そして、糊を綺麗にとり、台紙からはがれた切手を取り出しましょう。

丁寧にやさしく扱う

ポイント

まず、テーブルなど平らな場所にキッチンペーパーや布など、水分を吸収するものを強いてください。 そしてその上に丁寧に切手を並べてください。挟むように布やキッチンペーパーを貼り付けます。この段階で、 きちんと水分を取った方がよいでしょう。綺麗に水分が取れた事を確認できたら、クリアファイルの上に載せます。 この際に切手が重ならないように気を付けなければなりません。どれほど糊を綺麗にとったとは言え、 万が一があるかもしれません。そして、重しを載せます。これは、本などで構いません。

収集された切手

そして、再び水分を取ります。そして、重いしを載せます。そして、ある程度放置したら、クリップで切手を はさみ紙で包みます。そして、クリップを付けた状態で、水分が抜けるのを待ちましょう。たまに取り出し、 手の体温で水分を飛ばすという方法もあります。一番厄介なのは、テープのりで切手を貼り付けてある場合です。 この際には、水に入れ、台紙がはがれた際にやさしく糊を綺麗に落としましょう。水につけても台紙が はがれなければ、手で剥がすしかありません。ですが、この方法も、先にご紹介した方法もどちらともに いえる事ですが、切手は紙ですので、丁寧にやさしく扱わなくてはなりません。濡れてしまうと簡単に破れてしまいますし、すぐににじんでしまうのです。

自作味噌の手作り方法