一番最初にイギリスで切手が発行された経緯と歴史について

サイトマップ

トップバナー

海外の切手の歴史

イギリス風景

1840年代のイギリスが一番最初

ここでは、世界の切手の歴史についてご説明致します。まず、19世紀の始まりの話です。郵便料金を前に納付する というアイディアが各地方で、考案され始めた時代です。そして、1819年には、イタリア・サルデーニャという国に よって実行されました。その形態は、現在と同様の“郵便切手”を使用するという方法でした。この制度が始まった のは、1840年代のイギリスが一番最初だったといわれています。実際に、この時代から始まった料金の前払い、 重量を計測し値段を決める、全国で全ての運搬料が全て統一された“近代的郵便制度”を、制度の1つとして 認知されたことによって“郵便切手”を作成し始めたといわれています。

イギリス切手

はじめの切手が作成された事

そして、ローランド・ヒルという偉人は、イギリスでも近代郵便制度を考えた人だとして、とても広い範囲で 知られているのですが、ここで勘違いしてはいけないのが、ローランド・ヒル本人が切手を考えた人ではないと いう事です。更に、イギリスの国内では、ジェームズ・チャルマーズが、郵便切手を考えた考案者となっていて、 オーストラリアのコシールという国では、先にご紹介したような案を、1836年に提示しているといわれています。

そして、はじめの切手が作成された事についてご紹介致します。まず、1番最初の切手作成は、昔イギリスで 国家元首に輝いたヴィクトリア女王の肖像画が描かれていました。その際に発行された切手の枚数は、6000枚以上まで 上り詰めたそうです。そして、この切手の特徴は、現代では当たり前のようにある切手を1枚ずつ分離させる為に 切りやすくした“目打(ミシン目)”が、存在しなかったので、この時代に作成された切手は、はさみなどの刃物を 利用して必要な枚数を切り離さなければならないという少し手間がかかってしまう切手だったという事を、 覚えておきましょう。

歴史上で発明された目打ち

ポイント

ですが、のちの1854年頃、目打が付いた切手が誕生しました。ですが、この切手には古来のように発行した国の名前はなく、額面に施されている文字も英語のみが使用されていたのです。そして、のちに設立された万国郵便連合という連合は、国際的な郵便の運搬を重点的に考えた上で、切手を作った国の国名を記載する事を制度として設けました。ですが、イギリスだけは、世界で初めて切手を作った国であるという事から敬意を表し、イギリス国のシルエットを国の名前として使う事が許されています。

重なる切手

同様に、この時代では万国郵便連合は、算用数字として額面に記載してはならない切 手は国内の郵便のみ使用する事が出来ていたのですが、現在ではこの規制は撤廃されています。この時代 には、切手以外の支払方法もあったのですが、切手のほうが手軽に行えるという事から、多くの人々に利用 されました。このような流れで世界中で切手が使われるようになっていったのです。

自作味噌の手作り方法