豊富な種類がある切手の歴史を理解してみましょう

サイトマップ

トップバナー

日本の切手の歴史

竜文切手

“竜文切手”

ここでは、日本と世界の切手の歴史について詳しくご説明致します。まず、始めに日本で切手が作られたのは、1871年4月20日に発行された“竜文切手”という切手が始まりでした。ですが、明治4年には、硬貨改革の制度が成り立っていなかったので、江戸時代の通貨としての額面表示となっている事を覚えておきましょう。ですが、その翌年の1872年頃には“銭”という単位が決定されたので、“竜銭切手”というものが作られ始めました。そして、みなさんが使用している“円”の単位が設立された1883年には、円単位のものが作成されるようになりました。

日本の切手

日本国内で発行されている切手の種類は3000以上

そして現代の切手の形態についてですが、日本国内で発行されている切手の種類は3000以上にも上るといわれています。形状も一般的な長方形のみでなく、円形、ハート型、キャラクターといったように個性的なデザインの切手が多く作成されているのです。このように形態を変化させている切手ですが、先ほどご紹介した竜文切手と竜銭切手について簡単にご説明致します。まず、“竜文切手”は、印刷する際には薄手の和紙に印刷され、切手の目打も裏湖も存在しませんでした。

この切手のサイズは、訳19.5㎜程度の正方形で、過去に日本で作られた切手で1番最小 のサイズだといえます。そして、“竜銭切手”についてですが、これは1871年の5月1 0日に“新貨条例制定”で新通貨円が追加されたことによって、“銭”の単位に変更 した竜銭切手となりました。このころの同様の切手は、日本初の目打切手となり、 後期には裏湖の技術も施されるようになりました。少し余談となりますが、現在 でも“竜文切手”と“竜銭切手”を購入する事は可能です。ただプレミアとまでは いかないまでも、珍しい切手ですので、そう簡単には手に入らない、ということを しっかり覚えておきましょう。常にアンテナを張り、中古品情報を調べましょう。

様々な歴史を刻んだ切手

ポイント

とても豊富な種類が現代でもある事に、通販のサイトを参考した方は驚かれるのではないでしょうか。こういった現状には、コレクターの方々はとても胸が躍るような気持ちになると思います。ここでご紹介した2種類の切手の購入を考えている方に、値段の大体の目安をご紹介いたします。目安の値段としては、何千円代から何十万代と、とても幅広い値段設定がされています。やはり、様々な種類がある事や、その切手の状態、使用感などが値段にも関係していると思います。

古い切手

絵画などでも同様のように、どこの会社が作ったか、どこの誰がデザインしたかという 事も値段の設定には関係しているようです。きちんとした知識を持った上で、切手の購入を考えたほうが よいかもしれません。そして、日本に刻まれた切手の歴史をきちんと理解し、どの年号で作成された種 類かを理解しましょう。切手を趣味で集めるのであれば、どんな種類のものを集めるのか、などで 趣向がかわると思いますが、歴史というのも非常に重要になります。それだけ奥深い趣味なのが切手収集ともいえるのでしょうね。

自作味噌の手作り方法