切手ができるまでの経緯を知ることで知識が広がる

サイトマップ

トップバナー

切手の誕生と語源

郵便物

初めて日本で作成された日

ここでは、切手の語源についてのご説明を致します。我々が暮らしている、日本で初めて切手が作成されたのは、郵便の制度が決定され実施され始めた1871年3月1日のことです。明治4年の事ですね。この際に、作成された切手には、48文、100文、500文という4種類が作成されたそうです。ですが、先にご紹介した3月1日というのは、当時昭和4年代に使用されていたカレンダーが旧暦ということもあるので現在のカレンダーと比較してみると、1871年4月20日に切手が初めて日本で作成されたという事になるのです。

手紙をもらう

毎年4月20日は“郵政記念日”

なので、現在のカレンダーをご覧になられたらわかるように、毎年4月20日を“郵政記念日”と称し、各地域に建設された郵便局で、記念すべき日を祝う為の行事が開催されているのです。ここまでご紹介したのは、日本で切手が誕生した日についてですが、これからご紹介するのは世界で初めて切手が、誕生した日についてです。初めて誕生したのは、1840年代だといわれています。国はイギリスで誕生しました。

その時代の郵便の制度は、料金を支払う方法が、現代のように便利な方法でなかったので、もっと簡単に料金を支払う方法を探し、考えている際に切手を作成するという考えに至ったといいます。ここで、日本の話に戻りますが、近代郵便制度が誕生した際に切手が日本に登場したので、誤った切手の歴史を覚えている人も多くいると思います。それは誤った解釈で、実際には近代郵便制度が設立された際に、切手が発行され始めた訳ではないという事を覚えておきましょう。

切符手形

ポイント

実際に誕生したのは、近代郵便制度が発展していく過程の中で誕生したと考えるのが、妥当だと思います。そして、イギリスでの切手は、その時代にラベルという名称で呼ばれていました。実際に、その時代の切手の余白の部分には、ラベルと書かれているのです。ですが、この名称は人々には広まりませんでした。現代では、切手をスタンプと呼んでいるそうです。ですが、スタンプとは、切手の作成が始まるよりも前に、郵便で贈る荷物や手紙などに押されていて、「郵便をきちんと受け取りました」という証明に使用されていた事を、覚えておきましょう。

スタンプ

こういった郵便制度が発展していく中で、スタンプという名称が、切手を意味す る言葉として多く利用されるようになった事を覚えておきましょう。ここで疑問が浮かびますよね。先 ほどご紹介したイギリスでは、切手を“スタンプ”と呼んでいるのに比べて、何故切手と呼んでいるの でしょうか。それは、日本の近代郵便制度を作成した人が“切手”という名称を付けた事が関係し ているといわれています。語源は、その時代の人々にとても身近な存在だった“切符手形”から 来ているといわれています。このようにしてつけられた切手というものが昔から現代まで脈々と 使われてきているのです。

自作味噌の手作り方法