様々な銘板があることを知れば切手収集の楽しみのスパイスに

サイトマップ

トップバナー

銘版

銘板

余白の1ヵ所に銘版が記されている

銘版についてのご説明をいたします。お菓子や、清涼飲料水などの容器に、商品を作った会社の名前が書かれているのと、同様の道理で切手にも図柄をデザインした部署や、作成した部署や会社の名前が書かれているのです。この名前が書かれている事を“銘版”と呼んでいます。大体、日本の切手は、基本的に切手シートの下部に余白が設けられているので、その余白の1ヵ所に銘版が記されています。ですが、世界中の国や地域で切手の基準や、ルールが全て日本と同様という訳ではないのです。むしろ、世界では日本のように銘版を記載する事の方が少ないように感じます。

海外の切手

他国の切手に記載される銘版

まず、中国ですが、中国にいたっては、切手シートに設けられている余白の部分に数ヵ所に、銘版が印刷されている事が多くあります。そして、スイスやデンマークといったヨーロッパ大陸の国や地域では、大体が1枚1枚の切手の下辺部分に、銘版が書かれている事が多くあります。少しわかりにくくなってしまったので、簡単な銘版の違いをご説明いたします。日本の銘版は、余白部分に記載されているとご説明いたしましたが、他国の切手に記載される銘版は、切手1枚1枚に記載され、「この会社が制作しました」という証を、前に出しているという事ですね。

銘版は、切手がどの会社でデザインされ、作成されたかを表しているものです。基本的に日本の切手は、銘版からお札の構造と同様の部署の、“国立印刷局”で作成されているという事が分かると思います。なので、郵政組織が郵便制度に関わっているからといって、切手も作成しているという訳ではないのです。そして、近年では、 民間企業の凸版印刷株式会社によって、海外の印刷会社の切手の作成も行っているのです。

認知度を高める銘版

ポイント

その会社で作成された切手の銘版には、切手を作成した会社の会社名が記載されています。そして、日本の切手に記された銘板のデザインの対応ですが、書体の違いも含め、財務省印刷局を加え、18種類になったのです。そして、海外では、民間の企業が印刷を行っている事が多い事を覚えておきましょう。そして、絶対に自分の国が切手を作っている訳ではないのです。例を挙げれば、イギリスは、国の民間印刷会社の他に、オランダの民間印刷会社も利用しているのです。

海外切手イメージ

このような利用形態は、オランダの会社が高い印刷技術を持っていて、コストカットが出来るという事があります。 銘板を確認すれば、どの国やどの会社で制作された切手であるかを確認する事が可能です。そして、民間の企業は、 銘板を記載する事によって、会社の名前を周りに知らせる事が出来、印刷の技術の高さを全世界にアピールできる 最先端の方法なのです。

自作味噌の手作り方法